【WINDOWS編】便利なショートカットキーを覚えよう

  • URLをコピーしました!

当記事では、Windowsパソコンを使用している方向けに
ショートカットキーを紹介します。

普段よく使うショートカットキーとして、
Ctrl+C(コピー)やCtrl+V(貼り付け)は
無意識に近い感じで使っていると思います。

他にもWindowsにはあまり知られていない
とても便利なショートカットキーが
用意されています。

使いこなせればとても便利で作業がはかどること間違いなし!
是非参考にして使ってみてくださいね。

目次

WINDOWSで使える便利なショートカットキー

WINDOWSで使える便利なショートカットキーの画像

Winキー + キーボードで使えるショートカットキー

WINDOWSキーとキーボート1つで、操作できるショートカットキーを紹介します。

ショートカットキー説明
WIN + Dデスクトップを表示する
WIN + Eエクスプローラーを起動する
WIN + I設定画面を起動する
WIN+ Lロック画面にする
WIN +M起動している全アプリケーションを最小化する
WIN+SHIFT+Sスクリーンショット
WIN+数字ピン止めされているアプリケーションを実行する
WIN+Tab(タブ)タスクビューを開く
WIN+↑↓→←(矢印キー)アプリケーションを最大化、最小化、右・左に配置する。
WIN + R「ファイルを指定して実行」する画面を起動する。
例)notdpad を入力しENTERキーを押すとメモ帳が起動する。
WIN+Tタスクバーのアプリケーションを切り替え
(ENTERで選択したアプリケーションを実行する)
WIN+Vクリップボードの履歴を表示する
マウスでクリックすると選択したクリップボードを貼り付ける
WIN +ピリオド入力用の絵文字を表示する
WIN + カンマ一時的にデスクトップを表示する
(Winキーを放すと元に戻る)

ブラウザでよく使うショートカットキー

ネットサーフィンしている際に、便利はショートカットキーを紹介します。
特に間違ってブラウザを閉じてしまった時、次のショートカットが非常に便利ですよ。

ショートカットキー説明
CTRL + T新しいタブを開く
CTRL + Tab複数タブを開いているとき
開いているブラウザのタブを右に移動する
CTRL + Shift + Tab複数タブを開いているとき
開いているブラウザのタブを左に移動する
CTRL + W開いているタブを閉じる
Ctrl + Shift + T閉じてしまったタブを復活する(★便利)

その他 便利で使えるショートカットキー

Alt + Tab画面を切り替える
Alt + F4アプリケーションを終了する

まとめ

まとめの図

今回は覚えておくべきWINDOWSの便利な

ショートカットキーをご紹介しました。

使えそうなWINDOWSショートカット

はありましたか?

覚えると毎日のパソコン作業に効率と素早さが

爆速すること間違いないです!

是非ひとつひとつ覚えながら、

使ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次