【簡単!】WithステートメントでVBAをスッキリ書く方法

エクセルVBAでWithステートメントを使う
  • URLをコピーしました!

Withステートメントってご存じですか。
VBA上でコードを記述するときに、同一オブジェクトにさまざまな設定を行いたい場合に有効です。
この記事ではWithステートメントの基本的な使い方・メリット等についてまとめています。
Withステートメントを使うことで、きれいでスッキリなコーディングができるようになります。

目次

Withステートメントとは?

構文は、つぎのとおりです。

With オブジェクト
  .プロパティ = 値
  .メソッド
End With

With~End Withの間にコーディングをするときに
ピリオドから書き始めることでオブシェクト名を省略することができます。

オブジェクト名を記述する箇所を1つにまとめることができ
何度も書く必要がありません。

WithステートメントでVBAを書いてみる

Withステートメントのコーディング例

Withステートメントを使用しないとき

withステートメントを使用しないときの例です。
オブジェクトの名前を各ステップで記述していますね。
そして、各行のコードの意味を考える必要があります。

Sub sample()
    Range("A1").Value = 888
    Range("A1").Font.Color = vbRed
    Range("A1").Font.Size = 11
End Sub

Withステートメントを使用するとき

どうですか。
見た瞬間に、オブジェクト(A1)に対して、処理を記述していることがわかりますね。

Sub sample()
    With Range("A1")
        .Value = 888
        .Font.Color = vbRed
        .Font.Size = 11
    End With
End Sub

まとめ

WITHステートメントを使用する時のまとめ

エクセルVBAでWithステートメントを使って、VBAの書き方についてお伝えしました。
Withステートメントを使うと・・・
With~End Withの範囲内が「どのオブジェクトを処理対象としているのか」
を明示することで、ソースコードがとても綺麗になるメリットがあります。

  1. ソースコードの記述量が少なくて済む。
  2. ソースコードが他人にも見やすくなる。
  3. ソースコードがわかりやすくなる。

とても便利なステートメントですよ。
是非覚えて、一度、使用してみてください!

エクセルVBAでWithステートメントを使う

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次