システムエンジニアとはどんな仕事?仕事内容をわかりやすく解説

  • URLをコピーしました!

システムエンジニアってどんな仕事内容なのかな?初心者でも簡単に目指せる職種なのかな?

システムを設計する仕事だから、初心者には難しい仕事だけどプログラマーからステップアップすれば、大丈夫だよ!

この記事を読んでわかること

  1. システムエンジニアの仕事内容
  2. システムエンジニアに求められる能力・スキル
  3. システムエンジニアに向いている〇〇な特徴
  4. システムエンジニアになるための効果的な方法

システムエンジニアってどんな仕事?何となくイメージしづらい職種だと思いませんか。

仕事中ずっとパソコンに向かって作業しているイメージを持っておられる方や、プログラマーとの違いはどこにあるのだろう?と思われている方もたくさんいるかも知れません。

この記事を読み終えれば、システムエンジニアの仕事内容・求められるスキルが理解できます。

目次

システムエンジニアの仕事内容を知りたい

システムエンジニアの仕事内容

ある程度、大規模なシステムを開発する際は、作業のフェーズを定義して開発を進めます。
開発のフェーズをイメージで示すと次のような図となります。

システム開発の流れ

①要求仕様を決定する「要件定義工程」

顧客がどんなシステムを求めているのか?
実際のシステムを業務に適用するにあたってどんなシステム運用をイメージして、業務を進めていくのが効率的なのか?
といった顧客がシステムに求める要件をこの工程で確定させます。

またシステム開発に必要な期間も重要なポイントになります。
何故ならば、必ず1年後にはシステムを稼働する必要がある場合など、あれもこれも要求されても開発に間に合わない場合があるからです。そこはSEの経験値が求められるところです。

顧客からの無理な要求を受け入れ、後工程で詳細設計やプログラミングに、とても時間が間に合わなくなることがリスクとして発生するからです。
そのため、要件定義工程はベテランのシステムエンジニアが担当することが多いです。

②システムにどのような機能を持たせるのか、外部仕様を決める「基本設計」

顧客の要求を実現するシステム設計を行う工程です。

顧客の要求分析や要件定義の内容をもとにシステムにどのような機能を持たせるのか、画面の表示方法や操作方法はどのような方法で行うのか?など、より具体的な外部仕様を決定します。

必要な画面機能、帳票機能、バッチ機能など顧客の要求するシステムの各機能がこの工程で洗い出されます。

③詳細に処理の仕様や条件を細かく設計する「詳細設計」

基本設計の段階で決定したシステム設計を、どのように実現するかを詳細にドキュメントに設計していきます。
この詳細設計工程で作成したドキュメントをもとにプログラマーがプログラミングを行うことになります。

システムエンジニアは顧客とプログラマーの橋渡しを行う役割を担っています。
この工程で作成されるドキュメント(詳細設計書)が間違っていると、いわゆるプログラミングのバグ(故障)が発生します。

④プログラムが設計書どおりに動作するかを検証する「テスト」

プログラマーが詳細設計書をもとにプログラミングしたのち、システムが詳細設計書どおりに動作するか確認する作業をテストといいます。

基本設計や詳細設計工程で作成したドキュメントをもとにテスト仕様書を作成し、システムの動作に誤りや漏れがないかをシステムエンジニアが検証します。

不具合が発生した場合は、プログラマーに対して故障発生個所を明示します。

プログラマーがプログラムを改修したら、再度、故障が解消されているかテストを実施します。

なお大規模なシステム開発になるとテスト仕様書を顧客に提示し、どのようなテストを実施するのかレビューすることもあります。

⑤システムのメンテナンス維持を行う「運用・保守」

システムの運用・保守は、稼働したシステムに障害が発生した場合、故障原因の調査、プログラムの改修、必要に応じてデータのリカバリーなどシステムが本来あるべき姿に復旧するまでの作業を実施します。

システムエンジニアになるにはどんな能力・スキルが必要かを知りたい

システムエンジニアになるにはどんな能力・スキルが必要か

①文書スキル

例えば、1本のプログラムの仕様が書かれている詳細設計書を作成するとします。
詳細設計書を作成するためにどんなスキルが必要になるか?
ですが
・顧客が読んでも業務仕様を理解できる表現・記述を満たしている。
・プログラマーが読んでもどのようにプログラムロジックを組めばいいかがわかる内容となっている。
この2つを満たすには文書スキルはとても大切です。

記載が曖昧になったり、仕様が不明瞭な記述があったりすると、やはり最終的に故障を作りこむ原因となります。
システムエンジニアにとって文書スキルは必須能力です。

②プログラミング経験

基本設計や詳細設計、テストなど、システムエンジニアが担当する仕事を
こなせるようになるためにはプログラムの作成経験、能力は必要です。

もちろん、ある程度のプログラムの知識だけでシステムエンジニアの仕事をすることも可能です。

しかし、自分がプログラミングを経験していないと・・・
 どうやって設計書書けばいいのか?
 自分が書いた設計書でプログラマーがちゃんとプログラミングできるのか?
自信を持って書くことは難しいでしょう。

結果的に設計書に不備があり、バグを作りこんでしまう質の悪い設計者になってしまう恐れがあります。

プログラム経験・土台がしっかりしていれば・・・
 プログラマーの時からどんな設計書が出来のいい設計書なのか?
 自分ならこのように設計書を作成するぞ!とイメージも湧きます。

「プログラマーが良い感じに作ってくれるだろう。」と曖昧な記載で作成した設計書と
プログラム経験に基づいた内容のある設計書では、設計内容にかなり差が出ますね。

③コミュニケーション能力

顧客に設計書の内容を適切に説明できる能力や、プログラマーがシステム仕様を
理解できるように説明する能力といったコミュニケーション能力は必要です。

物事を筋道立てて、言語化し、わかりやすく他人に説明できることが求められますね。

システムエンジニアなのでITスキルなどシステム全般に関する知識・スキルも大切なのですが
根本的なところで、やはりどのビジネスにも必要な論理的思考能力・文書能力が
上流のシステムエンジニアにはキャリアアップしていくには必要です。

④文系だってSE(システムエンジニア)になれる!

理系の方がシステムエンジニアとして有利であるのはよく聞く話です。

それは理系の方が学校生活で勉強してきな内容が、論理的思考を必要とする分野であり、かつ、技術的にもプログラミング経験を保有する場合、文系の方と比べて経験・能力値に違いがあるためです。

しかしだからといって、文系の方がシステムエンジニアとして成功しないかと言うと、そんなことは決してありません。

むしろ次の点において、文系であるメリットも十分にあります。

  • ビジネスマンに必須の文章能力
  • チームをまとめるコミュニケーション能力
  • コミュニケーション能力を生かした顧客への営業能力

最初のとっかかりは、本人の保有する能力によって、差が出ることもありますが、一番大事なのはエンジニアとしてスタートしてからの日々の地道な努力です。普段の開発現場で、理系だから・文系だから、なんて会話はありません。

筆者も文系出身ですが、システムエンジニアとなりプロジェクト責任者として働けています。考える力、論理的思考能力は社会人経験で鍛えられた部分のほうが圧倒的に大きいです。

文系だからと言って、臆することなくチャレンジしましょう。

システムエンジニアに向いている人は〇〇の特徴あり

システムエンジニアに向いている人は〇〇の特徴あり

①発想が柔軟

システム設計を行うといろんな場面で、
 この手法だとダメ、この仕様だとダメ、うまくいかない!っていう場面によく出くわします。

そんな時、
・ずっと立ち止まって悩んでしまう人もいれば、
・機転を利かして、この方法だったらいけるんじゃない?
自分なりに答えの案を考えて相談し行動できる人もいます。

やはり後者の人は強いですね。
見ているとノウハウを吸収する速度も前者より早いです。

②気が利く人

顧客との打ち合わせにおいて、その人の顧客への応対を見るとすぐにわかるのですが
できる人は相手の良く観察しています。
自分の説明に対して、相手が理解しているのか相手がメモを取っていたら、
少し待ってあげられる。理解してなさそうだったら、具体的な説明を補足してあげる。
など常に間合い・空気を読んでます。

一方、できない人は、ただひたすら自分のペースで資料を読み上げ、
相手が理解しているかどうか、お構いなく読み進める感じです。

ズバリ一言でいうと、何事にも気が利く人はシステムエンジニアの資質にとても大切です。

③プログラミング好きな人

システムエンジニアになると期間とともにキャリアアップし、上級SEになると
マネジメント的な要素も仕事の一部に組み込まれてきます。

次第にチーム内のシステムエンジニアを管理する側に立場に立ったりするので
プログラミングに関わる機会は少なくなってきます。

プログラミングをする機会がなくても、
やはり心の中では技術を追い求めあぁプログラミングやりたいな!と思える人。

それくらい技術に興味を持ち続け、時代のトレンドに敏感な資質を持つ人は
やっぱりシステムエンジニアに向いています。

ちょっと職人気質的なところがあるのもシステムエンジニアに職種の特徴といったところですね。

システムエンジニアを目指す上での効果的な方法

システムエンジニアを目指す上での効果的な方法

システムエンジニアにもプログラミングスキルは必要!

システムを構成するもっとも小さな要素、それはズバリ、1つ1つのプログラムです。
ハードだけではシステムは動きません。

システムエンジニアの仕事を行ううえで、やはりベースとなるのはプログラミングの知識・経験・実績です。

プログラミング知識・経験・実績がないとやはり自分の中で核となる絶対的な軸が持てません。

設計書を書くのに常にプログラマーにお伺いを立てて設計するのも悲しいですよね。

プログラマーに作業指示を与えることも日常的に必要な仕事の一つです。
なのにプログラミングのことがわかっていないシステムエンジニアというのは頼りないです。

まずはプログラマーになり、システムエンジニアの書く設計書を理解し、自分だったらこのように設計するのに・・・など
先を見据えて自ら動けるようになるのが最も近道ですね。

これからエンジニアを目指す人に

プログラム動作の仕組みをはじめとして、ハードウエアにも触れられており、コンピュータでプログラムが動作する仕組みがわかります。これからプログラミングを始めたい人、初学者向けにコンピュータでプログラムが動作するために仕組みをわかりやすく解説した本です。これから

システムエンジニアの将来性

システムエンジニアは、将来性のある職業と言えるのか?

ずばり将来性は高いと言えます。

今後もテクノロジーの進化は絶え間なく続きます。日本においても、Web業界の発展や、新しいテクノロジーの誕生によりIoTが急速な広がりを見せています。

これに伴い、ITエンジニアの需要がとても高まっています。アプリ開発やシステム構築、組み込みなど様々な業界からITエンジニアが必要とされると予想されます。

経済産業省の調査によると、2030年にはIT人材の不足数が最大で約79万人になるという試算が出ています。

この図を見てわかるとおり、2018年時点での経済成長に伴うIT需要の伸びを基準にした場合に、低位シナリオでも約16万人、高位シナリオで最大約79万人の人材が不足する見込みです。

IT業界では今後も慢性的なエンジニア不足が見込まれることがわかり、エンジニアとしての需要は将来的にも見込まれ、将来性の高い職種と言えます。

まとめ

まとめ

システムエンジニアの醍醐味

システムエンジニアとして求められるスキルには、当然ながらプログラミングの知識や技術も欠かせません。まずはプログラミングを覚えてプログラマーになることを目指しましょう。

IT業界ではSEが不足しているため、様々な業務知識や技術・スキルを持つSEは今後も売れ続けるでしょう。

プログラミングだけではなく、システムの設計など上流の工程にも携わり、顧客の業務に精通し提案を行うことは、システムエンジニアとしての醍醐味と言えます。

是非、プログラマーになり、ゆくゆくはシステムエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

高度なプログラミングスキルを持つシステムエンジニアは、とても希少価値が高いです。エンジニアとしてのも非常に市場価値も高くなりあらゆる現場で重宝されること間違いありません。

初心者でもプログラミングは可能?

メンターの存在

初心者でも独学でプログラミングを覚えることは十分可能です。

しかし、明確にエンジニアとしての就職する目標設定が出来ているのであれば、プログラミングスクールを利用するほうが効率的で効果的です。

スポーツの世界においても、選手ができている感覚を持っていても、客観的に自分でできているのか確認することはできません。たとえば、自分では真っ直ぐラケット振っている感覚でも、コーチから見れば、右肩が少し斜めになっている、と言われることもあるわけです。

自分一人では気づきを得られないこともあります。しかし、そんな時に、客観的にそばで見てくれるコーチの存在は非常に大きいのです。

自分が今いるゴールまでの位置や、客観的に自分の状態を知ることができるようになるということが、コーチの存在意義として非常に重要なことだと思います。

そのため、現役エンジニアが受講後の活躍まで見据えてマンツーマンサポートしてくるプログラミングスクールは、独学と比べて非常に効果的であると言えます。

プログラミングスクールが効果的な理由

  • 目標までのゴール設定・マイルストーンを提示してくれる
  • 講師(エンジニア)によるサポートを受けられ挫折しづらい
  • プログラミングスクールの転職サポートを受けることが可能

TechAcademyのエンジニア転職保証コースはこちら
現役エンジニアと事前に無料相談ができます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次