JavaScriptとは、どんな言語?できることを初心者向けに解説

  • URLをコピーしました!

JavaScriptについて興味があるんだけど、どんなプログラム言語なのかな?

JavaScriptは比較的簡単な言語で、開発環境も整えやすいことから、初心者にとっても学習しやすいプログラミング言語として知られているよ。

JavaScriptは主にWebブラウザ上で動くスクリプト言語です。

Webサイトに動作をつけるのを目的とした言語として生まれましたが、その後どんどん開発が進み、今ではJavaScriptだけでスマホのアプリ・ゲーム開発などの分野で活用されており、プログラミング言語の人気ランキングで、常に安定して上位にランキングされています。

本記事ではこれからJavaScriptを始めたい初心者に、JavaScriptの特徴、どんなことができるのかなどについて、わかりやすくご紹介します。

目次

JavaScriptとはどんな言語?

JavaScriptとは?

JavaScriptのソースコード画像

JavaScriptとは、クライアントサイドのWebブラウザで動作し、Webページをダイナミックで「動き」のあるページにするための言語です。

例えば、Webページで、「画像のスライドショー」、「申込みフォームの入力ボタン」などよく見かけますね。

Webページ上で何か動きのあるサイトでは、このJavascriptが動作していると思ってよいでしょう。

通常のプログラミング言語は、プログラムを実行するためにコンパイルという作業を行いプログラムを実行形式に変換します。

JavaScriptはスクリプト言語といって、コンパイルといった手続きが不要なのです。

JavaScriptは、ブラウザに搭載されているJavaScriptエンジンがソースコードをそのまま理解し、その内容を実行してくれるのです。

Javascriptの動き(概念図)

JavaScriptエンジンとは?

JavaScriptエンジンは、他の言語にあるコンパイラと同様に、JavaScriptコードを解析して、コンピューターにわかる機械語に翻訳し、実行する役割を持っています。

つまり、他の言語だとプログラムを実行する前にプログラマがコンパイルする必要がありますが、JavaScriptはJavaScriptエンジンが代わりにJavaScriptエンジンによって担ってくれています。

JavaScriptエンジンは、各社のブラウザによって搭載されているソフトウエアが異なります。

ブラウザJavaScript エンジン
Google ChromeV8
Microsoft EdgeV8
FirefoxSpiderMonkey
SafariJavaScriptCore

一般的に、ブラウザ上で動くJavaScriptを クライアントサイトJavaScriptと言います。

主に、

  • HTML、CSSの操作
  • ブラウザの操作

を行うことができます。

「Java」と「JavaScript」では、Javaという語呂が似ていますが全くの別物です。「Java」はSun Microsystems社によって開発された様々なシステムで動作するプログラム言語で、Javaコンパイラが出力したJavaバイトコードにより、どんなハードウェアでも動作することを目的に開発されました。

JavaScriptの特徴3つ

特徴その1 HTMLを変更できる

JavaScriptでは、HTMLのコードを変更してコントロールでき、Webサイトに動きをつけることが可能です。またクリックした画像を拡大して表示したり、画像が次々に切り替わるようなスライダーを設置することもできます。

HTMLにJavaScriptを使用して、ユーザーのアクションによって画像やテキストの色を変えたりするなどして、読者にとって、インパクトのある質の高いWebサイトを作成することできます。

特徴その2 サーバサイドでも動作する言語

「node.js」というフレームワークを使うことで、サーバサイドもJavaScriptで開発が可能となりました。従来はクライアントサイドにJavaScript、サーバサイドにJavaやRubyを使うことが多かったですが、つまり、PHP、RubyやJavaといった言語で実装していたプログラムがJavaScriptでも開発することができます。

特徴その3 便利で優れたフレームワークが存在する

JavaScriptにはReactやAngular、Vue.jsなどの、開発効率や保守性(プログラムが読みやすい、直しやすい)を大幅に向上させるフレームワークが揃っています。

フレームワークとはアプリケーションやシステム開発を行うための、必要な機能が備わったプラットフォーム・仕組みのようなものです。

Javascriptを自らコードをすべて書いて、設計・開発を行うとコード量も膨大になり、多大なコスト時間がかかります。そこでライブラリやフレームワークを使うことで、時間やコストを削減することが可能になり、一定の品質を確保してアプリケーション開発を行うことができます。

そのためJavascriptの基礎的な言語を覚えると同時に、ライブラリやフレームワークを使いこなすために学習が必要になります。まず最初に、Javascriptの基礎を学習しましょう。

JavaScriptがよく使われている場面、できること

ポップアップ表示

WEBサイトを閲覧しているときに、ポップアップウィンドウが表示され、注意喚起のメッセージを表示することができます。HTMLに動きを持たせ、ユーザにOKボタンやリンクをクリックさせることができます。

画像スライダー

WEBサイトのTOPページで画像が自動でスライドして、次々の展開する動きのあるサイトをよく見かけますよね。これもJavascriptのライブラリを使用して実現しています。

Ajax(エージャックス)

非同期通信という仕組みによって、ブラウザ側がリクエストを行い、サーバ側がレスポンスの処理を行っている最中でもユーザーは別の新たな操作ができ、スムーズにWEBサイトを閲覧することができます。いろいろな処理を並列に行える仕組みと理解すればOKです。

このAjaxを使うことで、Webページ全体を更新することなく「一部分だけ情報を更新する」ことが可能です。現在では、代表例として、検索エンジンやグーグルマップなどに活用され取り入れられています。

JavaScriptの求人数・需要

2022年5月現在の転職市場におけるJavaScriptの状況を解説します。

JavaScriptの求人数について

エンジニア向けの転職サイト、フリーランス向けの求人サイトからプログラム言語別の求人数をランキングしました。

2022年5月現在、フリーランス求人サイトのレバテックキャリアにおけるJavaScriptを必要スキルに含む公開求人が5,656件で、転職サイトdodaにおけるプログラム言語言語別の求人数が2,104件と、合わせて7,760件あります。

この求人数は、各プログラム言語の求人数 TOP5位以内にランキングされており、非常に需要が高いプログラム言語だと言えます。

Rank言語レバテックDODA合計
1Java 7,952件9,517件17,469件
2PHP5,042件3,841件8,883件
3Go1,085件7,025件8,110件
4JavaScript5,656件2,104件7,760件
5Python2,355件4,494件6,849件
6Ruby2,010件1,964件3,974件
7C#2,387件1,202件3,589件
8VB208件2,556件2,764件 
9Swift1,276件1,102件2,378件
10C言語823件1,352件2,175件
求人数は、フリーランス求人サイトの「レバテック」、転職サイトの「doda」より調査

JavaScriptと合わせて必要なスキル

求人内容を見ると、JavaScriptのみを習得しているエンジニアの求人はほとんどありません。もしフロントエンジニアを目指すならば、HTML5/CSS3を合わせてマスターしておく必要があります。

実際に、JavaScriptを用いた開発現場では、JavaScript単体で開発を行うのではなく、フロント全般としてHTML5/CSS3/JavaScriptをセットで開発が行われています。

JavaScriptを習得するメリット

JavaScriptを習得するメリット

言語の汎用性が高い

JavaScriptは、Webサイトに動的な操作を加えられる数少ない言語で、Web開発において欠かせない重要なプログラミング言語です。

スマホアプリやゲームにも使用されており、サーバー上で動作するシステムでもJavaScriptは対応しており、さまざまな場面で活躍するプログラミング言語と言えます。

WebデザイナーやWebエンジニアに共通するスキルである

JavaScriptは、Webデザイナーを目指す人(HTML,CSSも学んでみたいな人)にとっても、Webアプリケーション構築・設計に特化していきたい、エンジニア・プログラマーになりたい人にも両方に使えるプログラミング言語です。

言い換えれば、JavaScriptを覚えることで、フロントエンド・バックエンドどちらにも対応できる人材になることができます。

ライバル言語が存在しない!?

テクノロジーの進化に対応する必要があるエンジニア界隈ですが、その中にあってもJavaScriptは人気・将来性ともにある言語と言えます。

  • Webのフロント部分の開発においてJavaScriptを凌ぐ代替プログラミング言語が存在しない
  • ライブラリ・フレームワークが豊富で強力
  • Web以外にもスマホアプリなども開発できる

JavaScriptの学習方法

やはりプログラミングは実践しながら学習するのが一番ですね。書籍だけ、Webサイトの記事だけでは頭の中で理解することはできますが、頭の中で理解することと、コーディングして学ぶのでは吸収力が全然違います。

JavaScriptの学習前に必要なHTML、CSSの習得その①

Javascriptを始める前にまず最初にHTMLとCSSを学習しましょう。当然ですがJavascriptはHTMLに動きをつけるプログラム言語ですから、Javascriptを学習する前にHTMLとCSSの知識が必須となります。

HTMLとCSSの学習にはこちらの書籍がおすすめです。
体系的にわかりやすく説明されていて、実際にサイトからダウンロードした素材を使って自分でサイトを作りながら理解を深めることができます。用意されている素材もモダンで、サイトを作る流れをつかむことができました。

各章の最後のページにタグの一覧やCSSのプロパティ一覧がまとめられており、通勤前の少しの時間や通勤電車の中で何度も読み返し、頭の中に叩き込みました。

JavaScriptの学習前に必要なHTML、CSSの習得その②

Codestepという模写コーディングを行いコーディング練習ができるサイトがあります。素材やソースコードはもちろん、課題内容も設定されており、自分がこれからどんなサイトを作るのか想定しながら、学習を行うことができます。完成したら、準備されているソースコードを答え合わせを行い、自分で考えた実装方法との違いを認識することができて、とても勉強になります。

Codestepのサイトはこちら

その①とその②を実践さながらで学習します。実際に手を動かして学習するとわからないことが出てきます。ですが、諦めずに踏ん張って調べてみましょう。わからなかったら、ソースコードを見るのも一手です。自分の頭で考えて調べることがエンジニア、プログラマへの第一歩です。

JavaScriptの学習におすすめの書籍

体系立てて知識を理解するために、入門書としておすすめの書籍です。

まとめ

JavaScriptに関するまとめ

JavaScriptは、これからWeb業界で働きたい方にとっては「必須言語」といっても過言ではありません。転職サイトなどで求人数を見てみると、Java、PHPなどに次いでJavaScriptは上位にランキングされています。

さらにおすすめする理由として、

  1. ブラウザですぐに実行できて始めやすい。
  2. Webサイト、Webアプリ、モバイルアプリ、サーバサイト開発などカバーする領域が非常に広い。
  3. 開発エンジニアもたくさん居て、コミュニティが活発である。

Javascriptをマスターして損はない言語であると言えますね。これからプログラミングに挑戦される方におすすめの言語です。

プログラミングが初めてで、一人で学習することに不安のある方や、早くプログラミング作業に慣れて効率よく学びたい方にテックアカデミー無料体験がおすすめです。

パソコンとネット接続環境さえあれば、現役のプロにサポートしてもらいながらプログラミングの基礎が無料体験で学ぶことができます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次