断頭台のアウラが死亡!自害の理由やフリーレンの強さを徹底解説

  • URLをコピーしました!

この記事はアフィリエイト・アドセンス広告を利用して作成しています。

当記事はネタバレを含みますのでご注意ください。

千年以上の時を生きるエルフ種族のフリーレン。

『葬送のフリーレン』は、かつて勇者一行と共に魔王を倒したフリーレンが、友の言葉を胸に旅立ち、様々な人と出会い、別れを経験する物語です。

その旅の中で、フリーレンはかつて倒したはずの敵、断頭台のアウラと再会します。

しかし、アウラはフリーレンに敗北し、自らの命を絶ってしまいます。

なぜアウラは自害を選んだのか?フリーレンの強さとは?そして、アニメ版におけるアウラの死亡シーンはどのような評価を得ているのか?

本記事では、アウラの自害とその理由、フリーレンの強さ、そして感想や評価について解説していきます。

目次

断頭台のアウラとは?プロフィールや魔法の特徴

断頭台のアウラのプロフィール
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館
アウラのプロフィール
種族魔族
異名断頭台のアウラ
性格冷酷非情
強さ魔法直下の七崩賢の一人で、非常に高い魔力と戦闘能力を持つ
年齢不詳。500年以上生きた大魔族
魔法の特徴 アウラが使う魔法は、「服従させる魔法(アゼリューゼ)」。「服従の天秤」という道具に自分と相手の魂を乗せて、魔力の量を測る。魔力が多い方が少ない方を操ることができる

「ヒンメルはもういないじゃない」にフリーレンは激怒

「ヒンメルはもういないじゃない」にフリーレンは激怒
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

アウラは兵士たちを魔力量を天秤にかけて服従させることで、兵士の大群を率いていました。

兵士が抵抗しないように兵士の首を切り落とし、不死の軍勢にして操っていたのです。

フリーレンは、その兵士たちを解除魔法を使ってアウラから解放します。

実はフリーレンの戦い方は80年前と変わっていました。

その理由は、過去にアウラと戦ったとき、戦士たちを派手にぶっ飛ばして戦ったため、あとでヒンメルに怒られた過去があったためです。

その戦い方が手間がかかり、面倒くさいため、アウラはフリーレンに言います。

「ヒンメルはもういないじゃない」

ヒンメルの言葉を冒涜するアウラの態度に対し、フリーレンは魔族は決して人の感情を理解できないと怒りを覚え、アウラを倒すことを決意します。

アウラが自害した理由とは?アウラの服従の魔法の仕組み

フリーレンは魔族を欺くため魔力を制限して魔法の修行を行っていました。

魔力を1/10に抑えて、日常の生活レベルにおいても魔力を感知されないレベルで過ごしていたのです。

アウラはフリーレンの魔力の強さを見破れず、フリーレンのことを軽視してしまいます。

アウラの魔法「服従させる魔法」①
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

フリーレンの魔力を見誤り、勝利を確認したアウラは、「服従させる魔法(アゼリューゼ)」を発動します。

アウラの魔法「服従させる魔法」②
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

フリーレンは人の心を理解できないアウラに対し、怒っていたのですが、自らの手でアウラを殺すことはしませんでした。

今までアウラが兵士に対して行ってきたように、アウラに自らの魔法で服従させたのです。

そして、アウラの服従させる魔法で「アウラ、自害しろ」と命令し、アウラは死亡することになったのでした。

フリーレンのセリフ「アウラ、自害しろ」
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

七崩賢・断頭台のアウラが使用した「服従させる魔法(アゼリューゼ)」とは、服従の天秤に対象者の者の魔力を乗せ、魔力が少ない方を服従させることができる魔法です。

アウラは500年以上生きており、今までにあった魔法使いには負けることはないくらいの大魔族でした。

実際にアウラが七崩賢の座について500年、魔力量では負けたことはなかったのです。

しかし、

今、目の前にいる魔法使いフリーレンは、フリーレンは1,000年以上生きている魔法使いでした。

魔力ではアウラを凌駕するほどの圧倒的な魔力をフリーレンは持っていました。

アウラは「ありえない」と言いながら、自分の剣で首を斬りました。

アウラの最後①
アウラの最後②
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

儚くも、アウラは、自らの魔法で自害してしまうことになったのでした。

フリーレンの強さとは?魔力量を隠すことができる魔法使い

フリーレンの強さとは?
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

フリーレンは1000年以上生きている魔法使いであり、多くの魔族と戦ってきた経験と知識を持っていました。

長い経験と知識で、アウラの魔法の仕組みや弱点を見抜き、彼女の心理を読んでいました。

フリーレンが魔力量を隠しているということに、アウラはまったく気が付くことができなかったのです。

80年前にもフリーレンと戦ったことがあり、当時とフリーレンの魔力が変わっておらず、80年前から自己研鑽もせず、成長もしていないとフリーレンの魔力を誤認してしまったのです。

フリーレンは、あえて自分の魔力量を低く見せかけてアウラを油断させ、彼女の「服従させる魔法(アゼリューゼ)」を逆に使って欺きました。

師匠フランメの教えのとおりに。

フリーレンの強さとは、師匠のフランメから教わった敵を欺く魔法。

フランメ:「フリーレン、魔族が言葉で人を欺くように、お前は魔力で欺くんだ」

まさに魔力の差を利用し魔族を欺くフリーレンの戦術だったのです。

「アウラ 自害しろ」は、何話?

「アウラ 自害しろ」は、何話?
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

テレビアニメでは、第10話「強い魔法使い」では、フリーレンたちと魔族・アウラ軍との戦いを描いた「断頭台のアウラ編」のクライマックスに迫るストーリーが展開され、戦いが決着します。

漫画では第2巻に「断頭台のアウラ」が登場し、第3巻でアウラとの決戦を読むことができます。

アウラの死亡シーンが壮絶すぎた…アニメ版の感想や評価

断頭台のアウラの声優は?

アニメ『葬送のフリーレン』で声優を演じているのは、竹達彩奈さんです。

竹達彩奈さんのプロフィール
ふりがなたけたつ あやな
職業声優、アーティスト
生年月日         6月23日
出身地埼玉県
代表作・「けいおん」(中野 梓)
・「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(高坂桐乃)
・「ソードアート・オンライン」(リーファ(桐ケ谷直葉))      
・「五等分の花嫁」(中野二乃)
・「たまゆら」(沢渡 楓)
・「聖剣使いの禁呪詠唱」(嵐城 サツキ)
竹達彩奈さん公式プロフィール

まとめ

アウラ自害のまとめ
葬送のフリーレン / 山田鐘人/ アベツカサ / 小学館

今回は「断頭台のアウラが自害した理由」について調べてみました。

フリーレンはアウラよりも魔力がとてつもなく強く、魔力の能力値の差にアウラ自身が気が付けませんでした。

フリーレンはアウラに服従させる魔法で「アウラ、自害しろ」と命令し、その結果、アウラが自らの服従の魔法を使い、自害してしまうことになってしまいました。

『葬送のフリーレン』は、旅を通して様々な人と出会い、別れを経験するフリーレンの姿を描いた作品。

まだ『葬送のフリーレン』を読んだことがない方は、ぜひこの機会に手に取ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次